派遣は年収200万円以下の求人が多い?

はっきり言って都市部においては生活できるギリギリの収入と言っても良いでしょう。
しかしながら2009年度の厚生労働省の調べによると、派遣社員や契約社員、あるいはパートタイマーなどといった、いわゆる有期契約労働者のうちの、実に半数以上が年収200万円以下であることがわかっています。
こうした有期契約労働者の多くは自ら望んだものではなく、失業やリストラなどにより、やむなくこうした雇用についている人々です。
しかし現在の日本の企業の危機感を考えると、契約社員や派遣社員などの労働者こそが企業に柔軟さを与えていると言えます。
企業にとってこうした有期契約労働者は不可欠なのです。
そのことを実証しているのが、こうした契約社員や派遣社員、パートタイマーなどの求人の活況ぶりです。
企業によっては正社員をすべてこうした契約社員や派遣社員などに切り替えたケースも多くあります。
紹介予定派遣は?正社員目指すなら【口コミ評判ランキング】