フラット35の審査基準で重視されるのは?

住宅ローン審査基準が甘い銀行を探してみると、いろいろなことがわかってきます。フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た新しいタイプの住宅ローンで、個人的には、一般的な住宅ローンの変動金利と固定金利の良い点を合わせた住宅ローンだと理解しています。フラット35の2014.7月現在の金利は、1.769%です。審査が通れば、この低金利が35年間続くわけですから、なんとも安心な住宅ローンですよね。ただ、住宅ローン審査は、他のローン審査よりも厳しいと言われていて、これはフラット35にも変わりはありません。やはり数千万単位の金額を35年という長い年月貸すわけですから、銀行側も信用性を重視してきます。信用性として基準になるのが、勤続年数と年収です。この2つは、フラット35でも一般的な住宅ローンでも、やはり重要な審査ポイントになります。

住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】
フラット35を含めて住宅ローン審査基準は難しいものですがそんな住宅ローンの審査基準を調べたいときにはこちらを利用することをお勧めします。住宅ローン審査に通らないとお悩みの方ももう一度審査基準を見直してみるのはいかがでしょうか?