生命保険配当金とは

【生命保険の配当金はどういうときに支払われるのか】生命保険には配当金というものがありますが、これは生命保険会社が事業を運営して発生した剰余金を保険契約者に還元するものです。
ではどんなときに剰余金は発生するのでしょうか。
生命保険会社が契約を結ぶ際には、会社を運営していくための様々な経費を考慮しながら、保険金額に対して加入者からいくら保険料を集めればいいかを計算します。
その際現在の経済状態から予測される一定の利率を見込みますが、加入者に提示する利率は予想される利率からいくぶん割引いた一定の利率になります。
この一定の利率のことを「予定利率」と言います。
この予定利率が高いほど加入者の保険料は安くなります。
ではどんなときに余剰金が生まれるかと言いますと、死亡率が予定したものより低かったり、経済情勢が上向いたりして予定したより高い利回りで運用できた場合です。
こうしたときは当然のごとく剰余金が生まれますから、それを配当金という名目で契約者に分配するのです。
生命保険ドットコム評判どう?見直し相談体験口コミ!【どうだった?】